English

ホミ / トヨタ

保見が丘に続く道路わきに田園風景を遮ってエミレーツ航空の真新しい広告が立っている。エミレーツ航空は 2009年になって名古屋国際空港発着のドバイ便を廃止した。広告はそれに伴って新しく立てられたのであろう。日本語のメッセージは一語もなく、関空発ド バイ経由サンパウロ便と、その連絡便として運行されている名古屋駅から関空までの無料シャトルバスについての情報がポルトガル語のみで記載されている。

保見が丘にある保見団地は商業施設、学校などと県営住宅、住宅都市整備公団、併せて40棟を超える集合住宅地で、豊田市郊外の新興住宅地として70年代を 通じて建設された。日本全国にある老朽化した公共住宅地同様、年金生活を送る独居老人も多くまた空室も多い。現在、地区の人口は約1万1千人、そのうち約 4千人以上のブラジル系移民が暮らしている。そのためこの地区では交通標識、店舗などで多くのポルトガル語が使用されている。

豊田市は一小地方都市ながら、日本のモータウン、トヨタ自動車の企業城下町として世界に知られ、その地名も戦前、この地で創業した同社に因んで名付けられ た。創業当時からあるトヨタ本社ビル付近には現在も大規模なオフィスビル、開発工場などが立ち並び、そこから市の中心を結ぶ国道248号線上に沿って多く の自動車関連工場や車のショールームなどが開業している。

1990年、日本政府は減少する人口、それに伴う単純労働者不足の対策として入管法を改定。20世紀初頭から南米などに渡った移民の家族、配偶者を含む日 系人三世までに特別な在留資格を与えた。その結果、現在30万人以上のブラジル人が日本で暮らしている。その多くがブラジルの就職斡旋業者、人材派遣会社 によって来日している。日本語能力に欠ける者も多いが、彼等のほとんどがあまり語学力の必要とされない製造業の工場などで単純労働に就業している。

また自身が日系ブラジル人であることも多いこれら斡旋業者の多くは旅行代理店として航空券を販売する他、在留資格のための提出書類、アパートなどの日本で の住居、就職先の斡旋までをも行っている。
来日に要する費用を一定期間、貸し付ける業者もあり、結果としてブラジルでも最も低所得層の日系人までもが来日することを可能にした。

2008年アメリカの金融危機の下、ドル安による自動車、精密機械など日本国内の輸出製造業は打撃を受け、豊田市もまたトヨタ自動車の業績悪化によって税 収30%減を発表。製造業で単純労働に就くブラジル人を含む多くの派遣労働者が解雇された。ブラジル人労働者たちはデモなどを通じて行政や産業界に向けて 抗議活動を行っているが再就職は難しい。現在、永住も考慮に日本で家族との生活を築き上げてきた数千人にのぼるブラジル人家族が帰国を余儀なくされてい る。


失職と同時に住居を失った者もいて、名古屋市内でのデモでは、現在も空室の多い保見団地を挙げて
“県営保見住宅350戸 入居させて!”
と行政の対応を促すプラカードなども見られた。愛知県下、最大のブラジル人コミュニティーとして知られている保見団地は、彼等にとって故郷同様、母国語で 生活が出来る避難場所なのだろう。
だが愛知県は団地内の外国人居住者の人口を一定の比率以下に保つため、一年間に新しく貸し出す部屋を限定している。

2009年4月、日本政府は彼等の状況を考慮して日系人離職者に対する帰国支援事業を実施した。このプログラムでは日系人のための在留資格による再入国を 行わないことを条件に本人1人当たり30万円、扶養家族については1人当たり20万円の帰国支援金を支給している。またすでに永住資格を得ている日系人失 業者も同様に扱われている。

マイク・ボード + 古郷卓司
A CANDY FACTORY PROJECT
2009

Supported by iaspis,
Helge Ax:son Johnson Stiftelse

KITAKYUSHU BIENNIAL 2009 IMIN

VITTORIA
PORTOPALO
HOMI / TOYOTA
武吉知馬 購物中心

NON_SITES