African Beauty Looking for German Gentleman

紳士の皆様
ご注意ください。
今、あなたは男性とメイルのやりとりをしています。
私はドイツ生れのドイツに住むドイツ人ですが
私には若くて美しいケニア人の女友達が一人います。

彼女はこの国、ドイツで優しくて素敵な結婚相手を探しています。
私はただ、彼女があなたと直接やりとりを始める前にあぶないおかしな人物を選り分けています。

私たちは美しくて優しく強い意志を持った娘を探し求めている人を探しています。
彼女は・私は自分が何を望んでいるのか知っています。
彼女は・私はたくさんの事をして差し上げられます。
彼女は・私は優しく親切で、ただ生涯の愛を見つけたいと願っています。
経済的に安定している方に限ります。彼女をドイツに呼び寄せてもらわなければなりませんから。
彼女には・私にはそのお金がありません。
年齢は重要ではありませんが50歳まででお願いします。
Emailをお持ちしています。
素敵なドイツ紳士を私のナイロビの可愛い友人に紹介出来る事を心待ちにしています。


フランクフルト旧市街にあるゴシック建築の多くは第二次世界大戦時に空襲で焼けてしまった後に復元されたもので、まるでドイツに建てられたドイツ村かの様にファサードだけの看板建築にまぎれて、何が復元され、どの部分がオリジナルなものなのか今ではドイツ人にも見分けがつかないらしい。
ユーロ経済危機の度にニュース映像で繰り返し映し出される欧州中央銀行前のユーロ・アイコンの巨大なモニュメントや、タイ・マッサージやヨガ・スタジオ、オーガニック・フード・カフェ前の小さなブッダ像たちが、毎日の新しい礼拝すべき聖像としてこの街につけ加えられている。
一方、ツァイルと呼ばれるデパートが立ち並ぶ歩行者専用の繁華街には、大きな犬をつれたジャンキーが屯してマリファナをふかしてはアジア人観光客を脅している。東欧からの移民だろうか、頭巾を深くかぶり、うなだれて祈るように物乞いをする老女や、冬の寒空にも切断された脚をむき出しにした不具者など、他の大都市では街の中心から追い出されてしまったホームレスたちが、トルコ移民が奏でる音楽と教会の鐘の音が交錯する中で佇む様は、今もブリューゲルが描いた中世の光景そのままにも見える。

マイン川沿いに広がる街の中心部からトラムに乗って郊外に向かうと、20世紀初頭、ワイマール時代に建てられた集合住宅地が今もそのままの形で残っている。当時、科学的な機能主義を挑げたエルンスト・マイ設計の低層住宅群だが、その後の管理社会然とした陰気で無機的な近代高層建築とは違い、その楽観的なユートピア主義を反映した、簡素だが遊び心さえ感じられるモダン・デザインを見る事が出来る。
通りに面したアパートメントの壁面がジグザグに連なるジードルング・ブルッフフェルト通りのジグザグ・ハウゼン。レーマーシュタットでは、きっと建設当初は宇宙船のように見えたに違いない楕円形のアパートメントがそのノスタルジックな未来の姿を残してくれている。周辺に広がるテラスハウスでは石垣に囲まれた大きな裏庭の空間が住宅の周りに確保されていて、住人がそれぞれに手入れした庭園が連なっている。ここは当時、労働者のための公営住宅として建設され、その狭い台所空間のため、フランクフルト・キュッへと呼ばれる世界初のシステム・キッチンを採用したことでも知られている。

建築家のエルンスト・マイはこの1920年代のフランクフルトでの都市計画の後、ナチスを逃れソビエトに渡り、スターリン政権下の都市計画に関わっている。そこから東アフリカに渡り、アフリカに最初の近代建築を持たらしたが、イギリス植民地下で敵国ドイツ人として投獄される。釈放後、一時はナイロビで引退、農業に従事していたが、50年代にはドイツに戻って建築家として復帰し、ハンブルクの大規模な都市計画に関わっている。


古郷 卓司
Takuji Kogo
A *Candy Factory Project


2015
KITAKYUSHU BIENNIAL THE FIFTH